任意整理 弁護士 司法書士

借金・債務の相談を全国や地方在住の人がするならコチラ!

借金が返せない

借金の金額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解放されたい…。
もしそう思っているなら、できる限り早く弁護士や司法書士に相談を。
弁護士・司法書士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、毎月の返済額が減ったり、という様々なメリットを受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法律事務所や法務事務所もたくさんあります。
ここでは、それらの中で全国や地方にも対応している、おすすめの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、全国や地方にある他の法律事務所・法務事務所も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。
借金の問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知恵や知識を借り、解決の道を探しましょう!

借金や任意整理の相談を全国や地方に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の債務・借金返済解決の相談なら、コチラの事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、債務の悩みについて無料相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適したやり方で借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払できます。
任意整理においても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心です。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので全国や地方の人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くの弁護士・司法書士の事務所の紹介

全国や地方には複数の法律事務所や法務事務所があります。参考にしてください。




全国や地方にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済に全国や地方在住で困っている方

キャッシング業者やクレジットカードの分割払いなどは、尋常ではなく高い利子がつきます。
15%〜20%もの金利を払うことになります。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年)くらい、自動車のローンでも1.2%〜5%(年間)ぐらいですので、ものすごい差です。
そのうえ、「出資法」をもとに利子を設定しているような金融業者の場合、なんと金利0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
ものすごく高利な金利を払い、そして借金はどんどん増える。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、高い金利で額も大きいという状態では、なかなか完済は厳しいでしょう。
どうやって返済すべきか、もう当てもないなら、法律事務所や法務事務所に相談するしかありません。
司法書士・弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金を返してもらって返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

借金の減額請求について|任意整理

多重債務等で、借金の返済が苦しい実情になった時に有効な方法のひとつが、任意整理です。
今の借入の実情を再度確かめてみて、過去に金利の支払過ぎ等があったならば、それ等を請求する、若しくは今現在の借入とチャラにし、かつ現在の借り入れにつきましてこれから先の金利を減額してもらえるようにお願いする進め方です。
ただ、借入れしていた元本に関しては、ちゃんと支払いをしていくという事が条件であって、利息が減った分だけ、過去よりももっと短い時間での返金が土台となります。
只、金利を返さなくて良いかわり、月ごとの払い戻し額は縮減されるから、負担が軽減することが一般的です。
ただ、借入しているローン会社などの金融業者がこのこれから先の利子に関しての減額請求に応じてくれない場合、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士さんなどその分野に詳しい人に依頼したら、絶対に減額請求が通るだろうと思う方もかなりいるかもわからないが、対応は業者によって種々あり、対応しない業者と言うのも有ります。
ただ、減額請求に応じてくれない業者は物凄く少ないです。
従って、現実に任意整理を行って、業者に減額請求をするということで、借り入れの悩みが大分減少するという人は少なくないでしょう。
実際に任意整理が出来るか、どれだけ、借入れ返済が減るか等は、まず弁護士の方に相談してみることがお勧めです。

借金の督促には時効がある?/任意整理

現在日本ではたくさんの人が多種多様な金融機関からお金を借りてると言われてます。
例えば、住宅を購入する時そのお金を借りる住宅ローン、自動車購入の場合にお金を借りるマイカーローン等があります。
それ以外にも、その使いかた不問のフリーローン等多種多様なローンが日本では展開されています。
一般的には、使い方を一切問わないフリーローンを利用している人が大多数いますが、こうした借金を利用する人の中には、そのローンを払戻しができない人も一定の数ですがいます。
そのわけとしては、勤務していた会社をやめさせられて収入源がなくなり、解雇されていなくても給料が減少したり等とさまざまあります。
こうした借金を払戻し出来ない人には督促が実行されますが、借金それ自体には消滅時効が存在するが、督促には時効が無いと言われているのです。
又、1度債務者に対して督促が行われたら、時効の一時停止が起こる為、時効において振出に戻ってしまうことが言えるでしょう。その為、借金をしている銀行、消費者金融等の金融機関から、借金の督促がされたなら、時効が一時停止してしまうことから、そうやって時効が中断される前に、借金をしてる金はちゃんと支払うことがすごく大切といえるでしょう。

関連するページ